【スタッフブログ 】花園樹斎 9月の季節鉢は「斑入り苔桃(ふいりこけもも)」



9月に入ってもまだまだ残暑が厳しい毎日ですが、短かった夏を追いやるように季節が変わろうとしているのを感じます。
そら植物園大阪事務所のある関西地方でも、急な大雨や鳴り響く雷に、そわそわする日が続いていて、
今日も夕方に窓からの景色が真っ白になるほどのゲリラ豪雨が降り、目をまん丸にして固まるスタッフ一同でした。

農場では、そんな雨をもきらきらと美しい芸術に見せてくれる、大きなハスの花が咲いています。

シルクのような葉っぱも、水玉をコロコロと弾いて爽やかですね。

さて。
「“お持ち帰り” したい、日本の園芸」をコンセプトに、そら植物園代表 西畠清順が見出す四季折々の極上の植物と、中川政七商店がプロデュースする工芸が出会い、日本の園芸文化の楽しさを再構築した植物ブランドである花園樹斎。

今月の季節鉢は、「斑入り苔桃(ふいりこけもも)」です。
ブルーベリーの仲間で、寒い高山地帯でも健気に育つ苔桃の実は優れた効能があることから薬用植物として、北欧などでは日々の生活でジャムやジュースにされ、人々に親しまれてきました。
この斑入り苔桃は、冬にかけて葉の色が桃色へ変化し、春に花、秋に実、冬には葉の色づきをお楽しみいただけます。

鉢は、斑入りの葉が可愛らしいもの、まだ淡い緑色の小さな実が沢山ついているもの、すでにぷっくりしたその実が赤く色づきはじめているもの・・・と、様々です。

また、注目していただきたいのは、
中川政七商店プロデュースの梅文(うめもん)、縞文(しまもん)、丸文(まるもん)、鼓文(つづみもん)の四種類の飾り鉢。
それぞれ、着物の柄や家紋にも使われる、伝統的で格調のある柄です。

ぜひ手にとって、心が通じ合うコを探してみてくださいね。

・・・・・・・・・・

▼中川政七商店  (一部店舗は除く。詳細は店舗へお問合せください)
https://www.nakagawa-masashichi.jp/staffblog/storelist/

▼公式オンラインショップ(植物は除く)
https://www.nakagawa-masashichi.jp/shop/brand/kaenjusai/

限定販売ですので、中川政七商店の直営店へお問合せください。