【スタッフブログ】ありがとう!信州花フェスタ 2019 クロージング



「そら植物園・西畠清順による信州産サボテンのインスタレーション」たくさんのご来場ありがとうございました。
4月25日(木)に開幕した国内最大級の花と緑の祭典、第36回全国都市緑化信州フェア「信州花フェスタ2019~北アルプスの贈りもの~」が6月16日(日)に閉幕となりました。

開催前には、想定来場者数が50万人と想定されていましたが、
53日間のメイン会場およびサブ会場の来場者数が合計70万人を達成するという大変嬉しいニュースも飛び込んできました。

期間中ご来場いただいた皆さまからは、たくさんのご感想をいただき、そら植物園スタッフ一同、大変嬉しく思っています。

イベントは53日間の開催でしたが、そら植物園としましては、構想や準備の期間を含めるともっと長い時間を過ごしてきました。
特に担当スタッフに至っては、身体は大阪にいるのに心は松本にあるように見えるほどサボテンワールドにハマりっきりでしたので、閉幕を迎えた今、燃え尽き症候群にならないよう、くれぐれも気をつけてもらいたいところです(笑)

最後になりましたが、この度の特別企画展「そら植物園・西畠清順による信州産サボテンによるインスタレーション」を実施するにあたり、ご支援ご協力くださった皆々様へ心より御礼申し上げます。