スペイン滞在記 ③ 〜自分の殻を破りたいなら海外へ行け!!〜



みなさん、ohla!!
福岡出身、そら植物園のスコップ担当です。
九州の植木屋で修行を積んで、そら植物園へ昨年仲間入りました。
普段は農場内外問わず、植物の管理や掘り取り・出荷を生業としています。

今回、モグラ先輩の助手としてスペイン出張へお供させていただきました。

まず、現地でびっくりした事は、植物たちの元気の良さ!気候、土、水、その他生育環境がベストマッチするとこんなにも変わるのか!と感動し、スペインで奮闘してきました。
その様子は、モグラ先輩によるスタッフブログ「スペイン滞在記 ①」「スペイン滞在記 ②」を、ぜひ読んでください。

さて、今回私がみなさんにご紹介したいのは、私が初めて目にする海外のおもしろ重機たち。

・ポット(鉢)運搬機
このような大きな鉢だと、パレットに乗せ別の重機で運びますが、こちらでは大きな鉢をそのまま掴んで移動させます。
これは、初めて見ました!

・悪路もへっちゃらクレーン
日本で使うクレーンよりも小型で小回りが利く!しかもパワフル!!

・スコップ?何だこれ掘り取り機
先端の丸くカーブしたパーツで、くるんっとアイスクリームをすくうように、土から植物を掘り取ります。

スペインで作業するにあたり、現地職人はもちろんスペイン語!
私は中学1年生レベルの英語!
流暢な英語で話しかけるモグラ先輩を横目に「TSUCHI、no! here、MOTTO プシュー(高圧洗浄機のこと)!」と私。

こちらは、結局1点吊り(1箇所を固定して植物を吊り上げること)になってしまいましたが、「2 TENZURI SHIYO-YA!!」の場面。

言葉の壁は厚かった。
時折、Google先生に翻訳してもらいながら、無事ミッションを完了することができました。
国は違っても共に同じ職人。一緒に作業をする事により、お互いの仕事ぶりを認め合い、その日の終わりにはすっかり友達に。何言ってるかよくわかってはいないけれど、心は通じ合うのでした。
人生初の海外出張でしたが、業務経験としてはもちろん、私自身の人生においても、かけがえのない経験となりました。
震えるほど面白いお仕事をする機会に感謝です!

今回の教訓 : 自分の殻を破りたいなら海外へ行け!!

・・・・・・・

前回までの、そら植物園スタッフブログもぜひチェックしてみてください。

スペイン滞在記 ① 〜根洗いチェックは後悔のないように!〜
スペイン滞在記 ② 〜「植物」は世界共通!〜