信州花フェスタ2019『来てね!信州産サボテンのインスタレーション』



国内最大級の花とみどりのイベント、第36回全国都市緑化信州フェア「信州花フェスタ2019 ~北アルプスの贈りもの~」が開幕しましたー。
信州にこだわり、信州とともにつくり上げたサボテンのインスタレーション。
今回は、この大きなプロジェクトに多大なる意気込みで挑んだスタッフの声をお届けしたいと思います。

まずは、サボテン畑からやまびこドームへ大切なサボテンを運んだスタッフに話を聞いてみました。

Q. トゲトゲのサボテンをどうやって運ぶのですか?

A. スタイロという弾力のある発泡スチロールのようなもので包み込むように挟んで運びます。

Q. サボテンと言えば棘ですが、刺さることはないのですか?

A. 刺さることあります。そりゃ痛いですが、今回の展示を楽しみにしてくださる方を考えると何でも頑張れます!

Q. 今回の信州で出会った一番注目のサボテンはどのコですか?

A. 個人的に、フェロカクタスの巨鷲玉(きょしゅうぎょく)です!

続いて、プロジェクトのまとめ役。いつ休んでいるのか分からないK氏に電話インタビュー。

Q. 「信州花フェスタ2019」がはじまり、いま、どんなお気持ちですか?

A. たくさんの方に見ていただけることをとても嬉しく思います。また、昨日の会場での出来事ですが、はじめは地元の方も「なぜサボテン?」という顔をしていたのですが、インスタレーションのブースに入ったとたんに、皆さん「わー!」と言っている声を聞いて疲れがぶっ飛びました!

Q. 大阪の事務所で、模型作りから見守っていますが、現場ではイメージ通りになりましたか?また、出来上がって、実際に中に入った時の印象を教えてください。

A. 模型では、鏡の反射がどのようになるのかが分からなくて心配なところはありました。また、想定していた高さだと鏡がたわんだりしたので現場で調整したり、ひやっとすることはもちろんありましたが、みんなの力で形にすることができて良かったです。実は、鏡だけの時は少し不安な面もあったのですが、石が入り、サボテンが入り、ボランティアの皆さんと頑張って作り上げるうちに、これは成功だ!と確信しました。

Q. テレビのニュース番組に出てらっしゃいましたが、それを見たご家族は何とおっしゃっていましたか?

A. 「疲れた顔してる〜」と(笑)。

Q. 最後に、これからご来場になる皆様に一言お願いします。

A. これから花が咲くサボテンもあったり、植物の変化も感じることができると思いますので、是非2度3度、ご来場いただきたいです!

・・・・・・
たくさんの地元の皆さんやボランティアの皆さんにもご協力いただきました「そら植物園・西畠清順による信州産サボテンのインスタレーション」は、メイン会場の長野県松本平広域公園(信州スカイパーク)やまびこドームで、6月16日(日)までの開催です!

是非、会場へ足を運んでいただき、お楽しみください!