今日は何の日? 〜ケアリイ・レイシェル ジャパンツアーがスタート!



3月15日は「オリーブの日」。
1950年のこの日、昭和天皇が小豆島でオリーブの種をお手撒きされたことがはじまりです。

平和と繁栄の象徴として国連やオリンピックのシンボルに選ばれているオリーブの木。

2011年には、清順がスペインから運んだ樹齢1000年のオリーブを、香川県小豆島へ植樹した日でもあります。
今では、青々とした新芽が芽吹きその存在感は他を圧倒する力に満ち溢れ、ものすごい生命力で訪れる人々に元気と希望を与えてくれています。

 

さて、Informationでもお知らせいたしましたが、そんな本日、ケアリイ・レイシェル ジャパンツアーが大阪からスタートしました!
昨日、そら植物園から舞台を彩る植物たちが出発。
積み込みの様子を少しだけご紹介したいと思います!

 

清順がプロデュースする植物たちが、ケアリイ・レイシェルさん独特の世界、音楽・演出・空間が一つになるオンリーワンのステージと共に各地をまわります!