とうほんせいそう



いまイスタンブールにいて、これから“島”に行ってきます

-211-e1423202326345-487x650 写真-114-650x487

最近、“おれは忙しい!”ということに決めた。忙しい忙しいと言ってると、“忙しそうだから。。。”と敬遠されそうでできるだけ言わないでおこうと思ったんだけれども、最近は“忙しそうでももおれとやりたい”と思ってくれるひとと仕事できるほうが幸せで、敬遠されくるくらいならご縁がなかったということで。

そういえば、出国する朝だって、成田エキスプレスに乗る東京駅で、そして成田エキスプレスの移動中の中で、そして空港でも。 いかなるときも打ち合わせが入っていて、おれが地方で仕事をしていても滞在先や移動中まで追いかけてくれる記者さんや編集者さんやプロジェクトの担当者さんにはとりあえず愛を感じておこうと思う笑

大好きな仕事がとてつもなくかさなってくるとたしかに重いのだけれど、それはまるで好きな女をお姫様抱っこしているような気分で、その重みが幸せと思えるようなかんじでもある。
そんなことを考えていたら、出発2時間前に成田空港で、パスポートを持ってくるのを忘れた事に気付く。空港で待ち構えていたテレビ番組のスタッフさんも、空港で打ち合わせていた編集者さんも、うちのみんなも全員顔が真っ青に。
うちのスタッフが家からパスポートを受け取って伊丹から成田にむかってくれたが、時間的には非常にきびしかった。だれかがナッツを袋のまま出して飛行機を引き返してくれたら、、、と切に願ったが、おれの乗る予定だった飛行機は行ってしまった。

いつも旅先から旅先に向かっているからスーツケースやカバンをいつも3つくらい使いわけて、旅先から洗濯物がたまったカバンを会社に送り、次の旅先にカバンを送ってもらってるんやけど、いつも忘れ物をしてしまうねんなぁ

いろいろなルートを当たってもらったおかげで別の飛行機に乗れた。 でもそのおかげで誰ともあわずひとり5時間、空港で過ごすこととなった。 すごい時間だった。 朦朧としながら締め切り間際の原稿をひたすら書いた。 ひとと分かれてからしばらくしてマッサージチェアに乗っていたら、疲れからか知らないけど、耳になにかが詰まっているように聞こえにくくなってきて、雑音みたいなのはキンキン聞こえるのに、ひとの声は聞きとりにくい。怖いなぁと思っていたら1時間くらいで治ったんだけど。 あれは一体なんやったんやろ?

さて、いまトルコは午前5時半。これから“島”で濃度の高い仕事をして、また飛行機にのり、来週にはうちのスタッフ3人とバンコクで合流する。