多摩美術大学 芸術人類学研究所 シンポジウム



date :
2015/11/15

place :
rengo DMS/連合設計社市谷建築事務所

client :
多摩美術大学 芸術人類学研究所

thanks :
IAA(芸術人類学研究所) 藤重菜香子・有馬智子・山田恵子 長谷川祐子(キュレーター) 多摩美術大学・学生有志

SORA :
[ category ]
教育 , 空間プロデュース

[ tags ]
アート , 植物提供 , 講演 / 対談 , 

description :
多摩美術大学芸術人類学研究所が年間テーマに「土地と力」を掲げ、実施しているシンポジウム。
第3回目のテーマは「植物」×「芸術人類学」。題して『未知の森 -多様性との遭遇-』。そこで、東京都現代美術館のチーフキュレーターである長谷川祐子氏と清順の対談が行われた。また、その会場の空間演出は、学生たちがプランニングし、そら植物園の植物を用いて装飾した。

本番の約半年前、当日の会場装飾に使うための植物を一度多摩美術大学に運び、それらを、集まった120名あまりの学生などの有志に預けて半年間育ててもらうことで植物と向き合ってもらう、「植物里親プロジェクト」を始動、学生と植物との関係を各々が築き、そのプロセスで感じたことや気づきなどを、アンケートや写真で報告してもらった。
用いた植物は、使用済みや売れ残りの植物などで、育て方や扱い方等はわざと一切教えず、学名を元に各々に調べてもらうルールとした。
本番1ヶ月前には、会場の空間デザインを担当する学生たちが、会場構成案を清順にプレゼンテーションし、アドバイスを得て会場構成を決めた。そしてシンポジウム当日、実際に学生たちが半年間一緒に過ごした植物を搬入し会場を演出、ある意味、そら植物園らしい実験的な事例となった。

michinomori_banner900-650x289

Screen-Shot-2015-09-25-at-15.40.11-650x451

Screen Shot 2015-12-22 at 18.42.29 Screen Shot 2015-12-22 at 18.42.41 Screen Shot 2015-12-22 at 18.42.52

20151115たまび4-650x432 20151115たまび5-e1450846390883-433x650 20151115たまび6-e1450846406371-435x650 20151115たまび7-420x650 20151115たまび8-484x650 20151115たまび9-482x650 20151115たまび10-457x650 20151115たまび11-483x650