ホテルニューオータニに「秀吉のクリスマスツリー」が登場!



ホテルニューオータニ大阪とそら植物園 代表 西畠清順がコラボレーションした
屋内・関西最大級の「秀吉のクリスマスツリー」が登場!

大阪城に隣接するホテルニューオータニの30周年を記念し、
西畠清順が発掘してきた、樹齢30年の豊臣秀吉ゆかりのツリーがクリスマスのきらめきを纏い
ホテルの屋内ロビーにクリスマスの期間限定で出現しています。

かつて太閤秀吉は、安土桃山時代を代表する大坂城をはじめ、
聚楽第、伏見城と幾多の名城を城く際に、飛騨高山の巨木を採出したといわれています。
プラントハンター西畠清順とコラボレーションした「秀吉のクリスマスツリー」は、
関西最大級の高さ11m、重さ500kg。
樹齢がちょうどホテルと同じ年月を重ねた約30年だったことも判明しました。

もともとクリスマスにツリーを飾る習慣が広まったのは、
北欧の先住民が寒い冬の時期にでも葉を枯らさず青々としている常緑の針葉樹を
「永遠の命」の象徴として飾った起源とされていますが、
そのような樹木信仰が背景にあることを活かし、できるだけ人工的な電飾などの装飾を施さず、
エアープランツやドライフラワーなどで有機的なクリスマスツリーを演出しています。

[期間]
2016年12月25日まで

[場所]
ホテルニューオータニ大阪 〒540-8578 大阪市中央区城見1-4-1

[イベント公式ホームページ]
http://www.newotani.co.jp/osaka/recommend/event/2016/santa/#tree

 

%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bca

%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bcb