「人類史上最大の生命輸送プロジェクト」がついに始動!



本日発売の週刊現代7月2日号にも掲載された、
前代未聞のプロジェクトの情報が、ついに解禁です!

今からおよそ3年前、そら植物園の代表である西畠清順が日本で見つけたのが、
30mを超える巨大なあすなろの木。
この木を運ぶことができれば、
かの有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリーをも超える
「世界一巨大な生木のクリスマスツリー」が世に登場することになります。

数々の調査、準備期間を経て、いよいよスタートし始めた
「人類史上最大の生命輸送プロジェクト」。
木の詳細や今後の構想、そして清順のこの木に持つ特別な想いについては、
ぜひ本日より店頭にてご購入いただける週刊現代をご覧ください。

—–

[掲載誌]
週刊現代7月2日号

[発売日]
6月27日(月)

[問い合わせ先]
そら植物園インフォメーションセンター
http://from-sora.com/contact/

000001546701H