「世界らん展2019 -花と緑の祭典-」イベントレポート



2月15日から22日まで東京ドームで開催された「世界らん展2019 -花と緑の祭典-」。
今回のスタッフブログでは、世界らん展の初日の様子を現地で皆さまと一緒に体感したスタッフがお届けいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回で29回目を迎え、日本の植物業界において歴史と伝統のある最高峰のイベントのひとつでもある「世界らん展2019 ―花と緑の祭典―」。

会場に入ると目に飛び込んでくるオーキッドゲードをくぐると、受賞したらんが展示されているシンボルロードとその先に見えてくるシンボルモニュメント。
今回、そら植物園はシンボルロードとシンボルモニュメントの演出を行わせていただきました。

「新しい世界らん展を届けたい」
そんな実行委員会の想いを受け、シンボルツリーやシンボルロードなどその想いをできるだけ形にする為に演出をしました。
また、これだけの伝統あるイベントゆえに、演出はニュートラルな森のようなイメージとし、あくまでその森の中にある受賞したらんをできるだけ引き立たせるよう意識しました。

と、オーキッドゲートの裏側のパネルに清順のコメントが!!

演出したシンボルロードの両側は、ランが自生する熱帯から亜熱帯などの植物が立ち並び、ジャングルを形成しています。
できるだけランが惹き立つように、花が咲かない植物をセレクトしていることのほかに、珍しい植物を使わない、カラーリングの植物を使っていないところもシンボルロードのポイントになっています。
シンボルモニュメントは、ニュートラルで樹形の広がった優しいイメージの木を置きたくて、探した結果として見つけたのが、今回シンボルツリーとして活かしたトキワマンサクでした。

高円宮承子女王殿下がご臨席された華やかな開会式のあと、14時から行われたメインステージでのトークショーに清順が登壇。

トークショーのテーマは「植物の可能性」
ステージ前の客席は満席、スタンド席にもたくさんの方に座っていただき、過去のプロジェクトとそこで活用した植物の話をしつつ、植物の可能性についてのトークショーでした。


リニューアルしたらん展をより楽しんでいただくために、世界らん展と共同で企画した「西畠清順と楽しむ世界らん展2019 -花と緑の祭典-スペシャルナイトツアー」も大好評。
たくさんの方が参加してくれました。
ナイトツアーでは、清順自らがシンボルロード&シンボルツリーを解説。
どのような想いで、シンボルロード&シンボルモニュメントを作ったのか、時折植物に関するクイズなどを交えながら皆様と一緒にシンボルロード&シンボルモニュメントを見て歩きました。

今回は、たくさんのそら広場会員の方々にも来ていただきました。
少しの時間ではありましたが交流する時間を持つことができてとても嬉しく思っています。
「一生忘れられない思い出になりました!」「最高に楽しい時間になりました!元気をもらいました!」と言ってくれたことがとても嬉しくて、また頑張ろうという気持ちが湧いてくると共に、私たちの方がたくさんの元気や力をいただきました!
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・

▼イベント概要

[名称]
世界らん展2019 -花と緑の祭典-
JGP International Orchid and Flower Show

[開催期間]
2019年2月15日(金)~2月22日(金)

[開催会場]
東京ドーム

[URL]
https://www.tokyo-dome.co.jp/orchid/