京町家ホテル「四季十楽」 Kyomachiya Hotel ShikiJuraku

  • date : 
    2016/12/1
  • place : 
    京町家ホテル「四季十楽」
    Kyomachiya Hotel ShikiJuraku
  • client : 
    株式長谷ビルホテルシステムズ
    HASE BUILDING GROUP
  • thanks : 
    北澤造園
    Kitazawa Zouen
  • SORA : 
    [ category ]
    空間プロデュース

    Space Direction
    [ tags ]
    シンボルツリー ,商業施設 ,植栽管理 ,植物提供 ,造園

    Symbol tree ,Shopping Mall ,Maintenance Managing-plants ,Supply ,Landscape Designing
  • description : 
    京都の築百年以上の民家を改装した町家ホテル「四季十楽」の植栽計画をプロデュース。植栽基盤の深さが10cmほどしかとれないという限られた条件のなか、根鉢が不必要な太古の植物・木性シダを“挿し木”することで高木を取り入れることに成功しつつ、その幹によって庭の奥までが見通せないようになっており、そういう意味で京都らしい“奥行き感”を演出している。また、シンボルツリーには“石抱き蘇鉄”と呼ばれる、150年以上石に張り付いた状態の蘇鉄を石ごと配した。木性シダ、蘇鉄、その他木賊や苔など、起源の古い植物で統一することで古都・京都の物語を膨らませつつ、茶庭のようにあえて派手な花木を用いないことで、部屋に飾る一輪の花を引き立たせる役目をも果たす、合理的な作庭となった。
    ShikiJuraku is a hotel made by reinnovating an old Kyoto housing structure of more than 100 years old, and Sora Botanical Garden had the opportunity to produce the green design of such historic structure. Despite the restriction of having only 10cm of root space depth, the space was successfully designed by using a woody fern species called Dicksonia. These tall ferns function as "trees," disabling people from seeing the whole place in one glance, in a sense creating the depth that is characteristic to Kyoto. For the symbol tree, old cycads growing out of a rock for over 150 years, was chosen. This modest design made of only primitive plants is cohesive to the plain, simple room designs that enhance the presence of a single flower decor in the room.

四季十楽2 四季十楽3 四季十楽4 四季十楽1