瀬戸内国際芸術祭 大竹伸朗作・女根 2013 Setouchi Triennale International Arts Festival "Mekon" by Shinro Otake

  • date : 
    2013/3/20
  • place : 
    女木島
    Megijima
  • client : 
    福武財団
    Fukutake Foundation
  • collaborator : 
    大竹伸朗 / sunia
    Shinro Otake / sunia
  • SORA : 
    [ category ]
    ランドスケープ , 空間プロデュース

    Landscape , Space Direction
    [ tags ]
    アート ,シンボルツリー ,ピックアップ プロジェクト ,植物提供

    Art ,Symbol tree ,Pickup Project ,Supply
  • description : 
    大きな話題となった直島の銭湯“アイ・ラブ・湯”などを手がけ、世界から注目されるアーティストの大竹伸郎さんが、2013年の瀬戸内国際芸術祭で創作した“女根”の植栽計画・工事を担当。建築家suniaの津田朋延さんとともに作品づくりに携わる。休校になっている小学校の校舎と校庭をまるごと作品化した“女根”は、とてつもない量と種類とルックスの植物が大量に用いられた。また、大竹さんの目に留まった地元の重さ8トンのフェニックスヤシを、約1年かけて根回しして巨大なブイの上に植え、ネオンがそれを照らす。そのシンボルは訪れる人を驚嘆させた。
    Shinro Ohtake, a contemporary artist known for his vivid pop arts, took on to create an artwork "Mekon"in collaboration with an architect Tomonobu Tsuda at 2013 Setouchi Triennale, an international arts festival. His art work consisted of transforming the entire unused elementary school ground into an artwork, utilizing a massive amount of plants as part of the materials. Phenix Palm chosen by Ohtake himself was brought in after a year-long process of digging it out of the ground. It was then planted on top of a bouy and lit up by neon light, leaving the viewers speechless in surprise.
  • links : 
    http://from-sora.com/?s=女根

date :
2013/3/20place :
女木島

client :
福武財団

collaborator :
大竹伸朗 / sunia

SORA :
[ category ]
ランドスケープ , 空間プロデュース
[ tags ]
アート , シンボルツリー , ピックアップ プロジェクト , 植物提供

description :
大きな話題となった直島の銭湯“アイ・ラブ・湯”などを手がけ、世界から注目されるアーティストの大竹伸郎さんが、2013年の瀬戸内国際芸術祭で創作した“女根”の植栽計画・工事を担当。建築家suniaの津田朋延さんとともに作品づくりに携わる。休校になっている小学校の校舎と校庭をまるごと作品化した“女根”は、とてつもない量と種類とルックスの植物が大量に用いられた。また、大竹さんの目に留まった地元の重さ8トンのフェニックスヤシを、約1年かけて根回しして巨大なブイの上に植え、ネオンがそれを照らす。そのシンボルは訪れる人を驚嘆させた。

links :
http://from-sora.com/?s=女根

女根20130320 瀬戸内国際芸術祭01 20130320 瀬戸内国際芸術祭02