パークシティ大崎 Park City Osaki

  • date : 
    2012/10/〜2015/5/
  • place : 
    パークシティ大崎
    Park City Osaki
  • client : 
    三井不動産レジデンシャル株式会社 株式会社広和 北品川五丁目第1地区市街地再開発組合
    Mitsui Fudosan Residential Co., Ltd. / Kouwa / Kita-Shinagawa District 5 Block 1 Redevelopment Union
  • collaborator : 
    株式会社日本設計 大成建設株式会社 西松建設株式会社 株式会社藤木工務店 株式会社日比谷アメニス 綿半鋼機株式会社
    Nihon Sekkei Inc. / Taisei Corporation / Nishimatsu Construction Co., Ltd. / Fujiki Komuten Co., Ltd / Hibiya Amenis Corporation / Watahan & Co., Ltd.
  • SORA : 
    [ category ]
    ランドスケープ , 空間プロデュース , 進行中プロジェクト

    Landscape , Space Direction , On_going
    [ tags ]
    オリーブ ,シンボルツリー ,ビッグ プロジェクト ,ピックアップ プロジェクト ,プロモーション / 広告出演 ,植栽管理 ,緑化事業 / 街づくり ,造園

    Olive ,Symbol tree ,Big Project ,Pickup Project ,Promotion / Advertisement ,Maintenance Managing-plants ,Tree-Planting project / Urban development ,Landscape Designing
  • description : 
    三井不動産グループが20年かけて計画してきた東京都内最大規模の市街地再開発プロジェクト『パークシティ大崎』の植栽計画をプロデュース。
    『オーガニックシティ』というコンセプトを元に、その基本構想から樹種のディレクションを担当。
    『大崎に住む』=『Osaki-Live』=『O-live』という言葉あそびをもとに、平和と繁栄の象徴として街のシンボルツリーをオリーブの木に選定、街の中心となる交差点や街の入り口にも樹齢数百年のオリーブを植樹した。また、街路樹には7種類の異なった樹木を混ぜて植えることであたらしい街路樹のあり方を実現し、街のいたるところに個性的な木や実のなる木、曲がった木、巨木、ストーリーのある木、計画時には海外にあった木などもシチュエーションやコンセプトに応じて提案・供給。
    流通にのった木を植えてきた日本都市緑化に、あたらしい風をもたらした。

    Seijun Nishihata is in charge of designing for a new, large-scale urban redevelopment plan of a city along the inner Yamanote Railway.This project which has been at a planning stage for over 20 years, has a goal to redevelop an entire city under the concept of ""Organic City,"" by rebuilding key city infrastructures from crosswalks to high-end mansions, office buildings, commercial facilities, and most importantly, 7 gardens that will be included within the targeted area. Seijun will be one of the ""producers"" of this city, coming up with keystone ideas and concepts, as well as taking charge of the ""green"" aspects of the project. Each of the 7 gardens planned will be unique; designed for the respective audiences of each locations, presence of the symbol tree will differentiate as well as broaden the usage of the parks.
    Additionally, everywhere in the city, trees with unique shapes, sizes and stories will be installed, bringing a fresh breeze to the Japanese urban forestry and greening industry. Also, along the main street, 7 different species of trees will be planted in an assort, creating a lively mixture of textures and colors to roadside trees that are normally homogenous and bland. Through such effort, we are attempting to create a city where people can feel as if they arestrolling through a garden, just by taking a walk on the street. Symbol tree of this place will be an Olive, known to hold meanings such as "happiness" "prosperity" and "gathering." We are wishing for this new place will be filled with effervescent vibe as it grows with the people inside. And finally, we are installing multiple olive trees whose ages range from 300〜600 years in hopes of creating a place of happiness and prosperity for all. Redevelopment construction is expected to complete by May 2015.

date :
2012/10/〜2015~5/place :
パークシティ大崎client :
三井不動産レジデンシャル株式会社 株式会社広和 北品川五丁目第1地区市街地再開発組合collaborator :
株式会社日本設計 大成建設株式会社 西松建設株式会社 株式会社藤木工務店 株式会社日比谷アメニス 綿半鋼機株式会社SORA :
[ category ]
ランドスケープ , 空間プロデュース , 進行中プロジェクト
[ tags ]
オリーブ , シンボルツリー , ビッグ プロジェクト , ピックアップ プロジェクト , プロモーション / 広告出演 , 植栽管理 , 緑化事業 / 街づくり , 造園description :
三井不動産グループが20年かけて計画してきた東京都内最大規模の市街地再開発プロジェクト『パークシティ大崎』の植栽計画をプロデュース。
『オーガニックシティ』というコンセプトを元に、その基本構想から樹種のディレクションを
担当した。
『大崎に住む』=『Osaki-Live』=『O-live』という言葉あそびをもとに、平和と繁栄の象
徴として街のシンボルツリーをオリーブの木に選定、街の中心となる交差点や街の入り口にも樹齢数百年のオリーブを植樹した。また、街路樹には7種類の異なった樹木を混
ぜて植えることであたらしい街路樹のあり方を実現し、街のいたるところに個性的な木や実のなる木、曲がった木、巨木、ストーリーのある木、計画時には海外にあった木なども
シチュエーションやコンセプトに応じて提案・供給。
流通にのった木を植えてきた日本都市緑化に、あたらしい風をもたらした。

20150328 パークシティ大崎01

☆20150328 パークシティ大崎02

パークシティ大崎07パークシティ大崎01 パークシティ大崎12 パークシティ大崎03 パークシティ大崎04 パークシティ大崎05 パークシティ大崎08 パークシティ大崎09 パークシティ大崎10 パークシティ大崎11

パークシティ大崎0220150328 パークシティ大崎17 20150328 パークシティ大崎18 20150328 パークシティ大崎19 20150328 パークシティ大崎20 20150328 パークシティ大崎21